諭吉のすゝめ

サイト訪問者さんのお悩みを解決するサイトです。

生活

普通タイヤでの雪道は危険がいっぱい!超使えるアイテムの紹介!

投稿日:


今回は「冬道の運転は危険」のお話しです。

現在は12月下旬なのですが私が住んでいる地域では

爆弾低気圧の影響もあり昨日の夕方から大雪で今朝は

会社に出社し2時間くらい駐車場の雪かきでした。

私の住んでいる地域では一晩で15㎝くらい積もったのでしょうか?

この時期は「雪が降って,積もって当たり前」なのでなんとも

思いませんが,これが地域によってはあたり前ではない地域が

ありますね。

今回は雪道の運転をテーマにお話を進めて行きますので

よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  

普通タイヤでの雪道は危険がいっぱい!

私は東北に住んでいますが首都圏に住んでいた時があります。

東京周辺では雪が珍しいですから子供達は大喜びですが,
「大人達はパニック」です。

・寒い,冷たい
・路面が滑る,危険
・普通タイヤだから事故が多発

その中でも車のスリップ事故は危険です。

・追突事故
・カーブで滑り対向車線にはみ出て衝突
・歩行者をはねる

など,事故が起きてから後悔しても遅いのです。

首都圏の多くのスリップ事故が雪道用のタイヤを装備していない事が原因だと思い
ますが,逆にきちんと雪道用のタイヤを履いていれば事故を防ぐ事が出来た
のです。

東北地方では早い人では11月中旬,遅い人でも12月上旬に普通タイヤ
からスタッドレスタイヤに交換します。
(私の地域では。地域によって前後があると思います)

それは,雪が降る地域であり,降る季節であるからの準備です。

しかし,滅多に雪が降らない地域に住む方々はその準備が出来ていない
のでいきなりの雪で交通網が大パニックを起こすのです。

確かに,東京周辺でスタッドレスタイヤを履いている車をほぼ見かけません
でした。

おそらくは「雪が降った時には車を運転しない」という事からだとは
思いますが,

「現実的に首都圏では雪が降ると交通網がパニック」です。

大きな事故を起こさないためにも,スタッドレスタイヤに交換する,雪が
降ったら運転をしない,もしくはタイヤチェーンなどのアイテムを準備する
などの備えをしておかないと,

いつか大きな事故の当事者になってしまうかもしれませんよ!

路面が乾いているから大丈夫の過信は禁物

今日は天気が良かったから大丈夫と決めつけるのは危険です。

〇〇区では天気が良かったが隣の〇〇区では夕方に雨が降ったなんて事も
あります。

朝晩は気温も下がりますし,車を運転していてカーブだけが凍結していた
なんて事もありますから今いる場所の路面が乾いていたとしても他の場所でも

路面が乾燥しているなんて保証はありませんから慎重な運転が必要になります。

凍結しやすい場所として,日陰,橋の上や陸橋の上は凍りやすく勾配もありますし
下りでブレーキが利き辛い時もありますから注意が必要です。

また,

寒い時期の普通タイヤは寒さで硬くなりグリップ力の低下により
ブレーキを踏んだ時の制動距離が伸びるとも言われています。

とくにも路面が濡れている時の制動距離の伸びは顕著に表れるようです。

寒い冬での運転は,

・急ハンドル,急ブレーキは避ける
・スピードは控えめに
・車間距離は長めにとる
・ブレーキを掛ける際にはエンジンブレーキも使う
(長い下り坂などではシフトダウンを行う)
・ポンピングブレーキ
(運転が不慣れな方は凍結路面でのポンピングブレーキは必須です)

上に書いた事を実行すれば絶対大丈夫というわけでもありませんが,凍結路面や
濡れている路面でも大切な事ですから心掛けて欲しいところであります。

いきなりの雪に困った時は?

神奈川方面の高速道路では雪が積もり動けなくなった車の運転手が高速道路上に車を
置いていなくなり,「除雪が大変」なんていう話を聞いた時があります。

出来れば冬も車を運転する方はスタッドレスタイヤにするべきだと思いますが,
万が一の際に役立つアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

雪が降らない地域のお住みの方にお勧め

冬季に数回しか雪が降らない,そんな地域の方にお勧め。
夏タイヤに「シュー」っと吹きかけるだけで夏タイヤが冬用タイヤに大変身!
とても簡単に使用が出来ます。

あくまで緊急用ですが高い効果を発揮します。

金額もお手頃価格。後ろのトランクに備えて置くだけで安心ですよ♪
スプレーチェーンです♪

雪が降らない地域だけど安心を求めたい方

・旅行で雪国に行く事もあるかもしれない
・スキーに行く予定
・地方の温泉に行こうかな?

前述のスプレーチェーンで不安な方にはやはりタイヤチェーンです。

今では当たり前ですが車のジャッキアップも不要。

こちらの商品もお手頃価格で場所も取りません。万が一の際にどうですか?

まとめ

今回は「冬の運転は危険」なお話しでした。

いくらスタッドレスタイヤを履いていたからといっても大丈夫
なんて事はありませんが,夏タイヤとは全然違います。

東北人の私でも,左に曲がろうと減速をしても止まらず,交差点を通り
過ぎてしまったなんて事はあります。

事故が起きてから後悔しないためにもせめても,万が一のために

アイテムを備えてください!!

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

財布を失くしたり盗まれた時にすぐにする事は?悪用されないために?

今回のお話しは「財布を失くしたり盗まれた時すぐにやるべき事」です。 スポンサーリンク なかなか財布を失くしたり盗まれたりする事はないと思いますが, 可能性がないわけではありません。 社員旅行で知らない …

風邪で喉が痛いのは何故?対処方は?治らない原因が他にあるかも?

喉が痛い...風邪だな( ̄ー ̄) 風邪のひき始めは喉からの方が多いのではないでしょうか? 辛い喉の痛みを緩和できる方法はないのでしょうか? ここでは,何故喉が痛くなるか,痛い時の対処法など喉が痛くて辛 …

サツマイモでオナラが出るは本当か?匂いはどうかと防止すには?

「サツマイモとオナラのお話しですよ~!」 スポンサーリンク 寒い季節になるとホックホックのサツマイモが食べたくなります。 特に焼き芋の移動販売が家の近くに来るとつい買ってしまうもの。 サツマイモを食べ …

風邪の予防にはうがいが効果あり?一押しのうがい薬と鼻うがいを紹介!

スポンサーリンク 年中を通してひいてしまう可能性がある風邪症候群。 特にも季節の変わり目だったり寒い冬には注意が必要です。 ・受験が近いのに...。 ・明日は大切な会議が...。 ・お腹に子供がいて風 …

2018年の衣替えはいつ?意味や歴史と寒いけど衣替えをしなきゃダメ?

今回は「衣替え」についてのお話しです。 スポンサーリンク 毎年「ある時期」に一斉に行う衣替えですが 「衣替えっていつからだっけ?」と悩む時があります。 そこで今回は衣替えの時期や意味についてお話しさせ …


諭吉です。30代後半です。妻と11歳の息子と来年生まれる待望の第2子を楽しみにポジティブシンキングに頑張っています。
建設業の技術者で東北の復興に微力ながら貢献出来ればと思っています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。